N-アセチルグルコサミンと骨粗鬆症

N-アセチルグルコサミンと骨粗鬆症

Nアセチルグルコサミン
骨粗鬆症の予防に効果が期待できます。

 

 

N-アセチルグルコサミンとは、
通常のグルコサミンがアセチル化(COCH3)されたもので、
天然型グルコサミンとも呼ばれるアミノ糖です。

 

 

また、これ以上分解することができない糖の状態である単糖類のひとつで、
人の体内ではN-アセチルグルコサミンの形で存在しています。

 

 

特に肌や関節部分の軟骨や関節液、目、脳などに多く存在しています。

 

 

Nアセチルグルコサミンは、腸で吸収された後に
様々な組織へ利用される割合が、通常のグルコサミンと比べて多いのが特徴です。

 

 

製法は、一般的なグルコサミ ンよりも手間がかかりますが、、
体内び存在する天然のものと同じ構造をしているため、
吸収率や体内での利用効率が高いとされています。

 

 

また、N-アセチルグルコサミンは、グルコサミンやヒアルロン酸に比べ、
約3倍ほど優れた吸収力もあるとされています。

 

 

骨粗鬆症は加齢や食生活・生活習慣によって
骨量が減少し、骨の30%以上か溶け出して骨がスカスカになった状態をいいます。

 

 

この骨粗鬆症は、50代以上の女性に多いが、
年齢や体質、遺伝、偏食、過度のダイエット、
喫煙、飲酒、運動不足が原因で若年層にも多くなっています。

 

 

骨は毎日、破壊と再生を繰り返しています。

 

 

この破壊と再生のバランスが、
年齢や体質、遺伝、偏食、過度のダイエット、
喫煙、飲酒、運動不足が原因で骨の代謝サイクルが乱れると、
新しい骨が作られず骨粗鬆症になります。

 

 

N-アセチルグルコサミンは、
骨を溶かす骨吸収を抑えて、
骨を作る骨形成を促進します。

 

 

また、骨の正常な代謝を維持し、
健康な骨を維持する効果もあります。

 

 

N-アセチルグルコサミンと
カルシウムを併せて摂取すると、
カルシウム単体で摂取するよりも
骨代謝のバランスを維持できます。

 

 

特に50代の女性や、骨量が少ない人は、
カルシウムの積極的な摂取はもちろんのこと、
N-アセチルグルコサミンを併せて摂取しましょう。