グルコサミンは関節痛・関節炎を改善

グルコサミンと関節痛・関節炎

グルコサミンは、関節痛関節炎の予防や緩和が期待できます。

 

 

関節炎とは、様々な原因で関節に負担が掛かり、
そのために炎症がおこったり、痛みがでたり、
熱を持って腫れたりする病気です。

 

 

関節炎は老人の病気だと思われてますが
年齢に関係なく起こる病気でもあります。

 

関節炎の発症の原因は、
怪我、運動不足、加齢による関節の磨耗、遺伝、栄養不足などです。

 

 

また、関節痛も様々です。

 

◆関節痛の種類
・荷重痛
関節軟骨の摩耗が原因で、関節に体重がかかったときに起こる痛み。
膝関節、股関節、足関節に起こりやすい関節痛です。

 

・寒冷痛
気温の変化により、冷えてくると関節に感じる痛み。

 

・自発痛
じっとしていて、関節を動かさないのに感じる痛み。

 

・圧迫痛
関節炎を起こしている関節を押すと感じる痛み。

 

・運動痛
関節を動かしたときに出る痛み。
関節を少し曲げていると痛みが緩和するのが特徴。

 

・心因痛
関節炎や損傷がないのに感じる痛みで、
神的なストレスなどが原因とされています。

 

 

・阻血痛
関節の周囲の血行不良により、
痛み物質であるプラスタグランジンの停滞や
酸素不足が原因で起こる痛み。

 

 

グルコサミンは、関節の構成因子であるだけでなく、
関節痛・関節炎を緩和する役割があります。

 

 

これはグルコサミンが、
痛みの原因であるCox-2 酵素を遮断するからです。

 

 

Cox-2 酵素は、痛み物質であるプロスタグランジンを
不必要に活性化する酵素です。

 

 

ちなみに病院からでる治療薬にも
Cox-2 酵素を阻害する薬がありますが、
グルコサミンと違い、心肺機能に副作用を起こす危険性があります。

 

 

この点でいえば、
グルコサミンは心肺機能に影響を与えず、
安全にCox-2 酵素を遮断できます。

 

 

近年行われた検証では、
膝に問題を抱えた被験者が約100名ほど参加し、
2つのグループに分かれて実験が行われました。

 

 

グループ@には、1500mgのグルコサミンを
グループAには、偽薬を摂取してもらったそうです。

 

 

被験者はそれぞれ、約1ヶ月間にわたり、
グルコサミンと偽薬を摂取し続けてもらった結果、
グループ@の被験者たちの膝の痛みを緩和できたそうです。

 

 

また、膝の屈曲と伸展できる角度の検証においても、
グループ@の方が、痛みを感じないで
膝の屈曲と伸展できる角度が増加したそうです。

 

 

このように、グルコサミンには
関節痛・関節炎の予防や緩和の効果が期待できます。