グルコサミンの副作用と効果・効能

グルコサミンの副作用と効果・効能

グルコサミン

 

グルコサミンとは

 

グルコサミンとは、グルタミンというアミノ酸とブドウ糖が結合したアミノ糖の一種です。

 

 

グルコサミンは、もともと体内で生成されています。

 

 

そして、グルコサミンは、体内で分解され、ヒアルロン酸やコンドロイチンの原料となります。

 

 

ヒアルロン酸やコンドロイチンは、軟骨や爪、じん帯などを材料となる、
ムコ多糖・糖タンパク質・糖脂質を構成する物質です。

 

 

最近では、グルコサミンを定期的に摂取することで、
変形性関節症や関節炎の予防と改善に効果があるとされています。

 

 

現在サプリメントなどにも配合されているグルコサミンは、
分子の中に塩酸基があるグルコサミン塩酸塩と、
硫酸基があるグルコサミン硫酸塩が使われています。

 

 

国産のサプリメントでは、グルコサミン塩酸塩が、
欧米のサプリメントではグルコサミン硫酸塩が主流です。

 

詳しくは。「グルコサミンとは」へ

 

 

グルコサミンの副作用

 

グルコサミンは、人間の体内に存在する成分なので、
適量を摂取する場合の安全性は高いと思われます。

 

そのため、通常摂取するグルコサミンであれば、副作用が出る心配はありません。

 

 

しかし、いくら安全性の高い成分でも、
摂取量や摂取方法などによって、副作用が出る可能性があります。

 

@グルコサミンの過剰摂取による副作用
Aグルコサミンの甲殻アレルギーによる副作用
Bグルコサミンの糖尿病の方の副作用

 

詳しくは、「グルコサミンの副作用」へ

 

 

グルコサミンの効果・効能

 

グルコサミンには以下のような効果効能が報告されています。
・関節痛、関節炎の緩和
・関節痛、関節炎の予防
・変形性関節症の予防や改善
・軟骨細胞の分解を阻止
・血流の改善
・動脈硬化の予防
・脳梗塞の予防
・高血圧の予防
・心臓病の予防
・美肌効果
・シミ・シワ・たるみの改善

 

詳しくは、「グルコサミンの効果・効能」へ