グルコサミンとコラーゲンは効果的

グルコサミンとコラーゲン

グルコサミンコラーゲンの併用は相乗効果を期待できます。

 

 

グルコサミンはエビやカニなどの甲殻類から抽出される成分で、
アミノ酸のグルタミンがブドウ糖が結合したものです。

 

 

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、
皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪など全身に含まれており、
それらの細胞同士を連結させる働きをしています。

 

 

タンパク質は、多くの食品にも含まれる栄養素であり、
アミノ酸が結合してできたものです。

 

 

そのアミノ酸には基本的に必須アミノ酸と
非必須アミノ酸が存在し、数種類のタンパク質が生成されます。

 

 

コラーゲンは、有名なタンパク質の一種であり、
約10万種ある体内のタンパク質のうちの、約30%はコラーゲンが占めています。

 

 

それだけ人体にとって重要な成分なのです。

 

 

また、全コラーゲン量の40%は皮膚に、
20%は骨や軟骨に含まれており、血管や内臓なども含まれています。

 

 

グルコサミンとコラーゲンは、どちらとも重要な軟骨成分のひとつです。

 

 

軟骨はコラーゲン線維によって、基礎的な形が作られていて、
関節軟骨の弾力性を増すのに役立っています。

 

 

そのため、軟骨においてコラーゲンが減少すると、
軟骨のクッション性が低下してしまいます。

 

 

そうなると、軟骨がつぶれやすくなるためさらには痛みが発生し、
さらに悪化すると変形性の関節症の原因になります。

 

 

また、コラーゲンといっても
いろんな種類のコラーゲンがあります。

 

 

特にII 型コラーゲンは、
関節軟骨に多く存在するコラーゲンです。

 

 

軟骨の構成成分の割合としては
水分(80%)、II 型コラーゲン(12%)、
その他(6%)、プロテオグリカン(2%)となっています

 

 

このことから、コラーゲンが不足すると
軟骨の健康を保つことができなくなります。

 

 

そのため、グルコサミンだけでなく
コラーゲンもあわせて摂取することが必要です。

 

 

そのため、グルコサミンサプリメントを利用するときには
きちんとコラーゲン(特にU型コラーゲン)が配合されたものを摂取しましょう。

 

 

関節痛の緩和としての「2型」のコラーゲンの摂取量は、
非変性U型コラーゲンとして10mg程で十分です。