発酵グルコサミンとは

発酵グルコサミンとは

発酵グルコサミンとは、
植物由来のグルコサミンを原料として微生物を利用して発酵することで作られます。

 

 

通常、販売されているグルコサミンのサプリメントの主な原料は、
カニやエビなどの甲殻類に含まれているキチンを加水分解して得られる成分です。

 

 

基本的にグルコサミンを定期的に摂取することで、
変形性関節症や関節炎の予防と改善に効果があるとされ、
高齢者や関節の疾患を持っている方に人気です。

 

 

しかし、ある特定の人は、通常のグルコサミンは摂取できない場合があります。

 

 

それは、甲殻類アレルギーを持っている人の場合です。

 

 

通常のサプリメントで使用されているグルコサミン塩酸塩や
グルコサミン硫酸塩は主にカニやエビなどの甲殻類が原料となっています。

 

 

カニやエビの甲殻類アレルギーがある方は、
このグルコサミンを摂取することで甲殻類アレルギーの症状が出る場合があります。

 

 

甲殻類アレルギーは、食物として食べるだけではなく
接触することでも症状が現れることがあります。

 

 

甲殻類アレルギーの原因は、
カニやエビが所有するタンパク質である「トロポミオシン」です。

 

 

この「トロポミオシン」の特徴として、
加工や加熱しても、そのアレルギー物質としての効力が失われません。

 

 

また、甲殻類アレルギーは発症までの時間が短い
即時型食物アレルギーのため、摂取した場合、すぐに症状がでてきます。

 

 

◆一般的な甲殻類アレルギーの症状
(粘膜症状)
・口の中や口周囲にイガイガしたような違和感
・目の粘膜がかゆい、充血

 

(皮膚症状)
・発疹、かゆみ
・唇が腫れる
・目の周りが赤く腫れる

 

(消化器官系症状)
・腹痛
・下痢
・吐き気や嘔吐

 

(呼吸器官系症状)
・鼻づまりや鼻水
・くしゃみ
・咳
・咳が止まらないゼーゼーという喘息発作
・呼吸しづらくなる

 

(重篤なアナフィラキシー症状
・めまいや意識混濁
・意識喪失
・呼吸抑制
・死亡

 

 

上記のような症状がでた場合は、通常のグルコサミンの摂取を避けるようにしましょう。

 

 

しかし、どうしてもグルコサミンを摂取したい場合は、
発酵由来のグルコサミンを利用するようにしましょう。

 

 

発酵グルコサミンは、通常のグルコサミンのようにカニやエビ等の
甲殻類の成分を使用してないため、甲殻類アレルギーでも利用できることが特徴です。

 

 

しかし、発酵グルコサミンに配合されている
植物由来のグルコサミンにはデメリットもあります。

 

 

それは、動物由来のグルコサミンに比べると、
発酵グルコサミンは体内で吸収されにくいのです。

 

 

その点を踏まえると、甲殻類アレルギーのない方は、
通常のグルコサミンを選んだほうがいいでしょう。