グルコサミンの摂取方法は簡単

グルコサミンの摂取方法

グルコサミン摂取方法は、
食品から摂取する方法とサプリメントで摂取する方法があります。

 

 

◆グルコサミンを食品から摂取する方法

 

グルコサミンをサプリメントでなく
食事から摂取したいという方も多いでしょう。

 

グルコサミンを含む食品としては、
ウナギやフカヒレ、鳥の皮、カニやエビの殻、
鳥や牛の軟骨、納豆や山芋、オクラなどです。

 

中でもカニの甲羅やエビの殻は「キチン質」と呼ばれ、
特にグルコサミンが多い部分とされています。

 

また、に山芋にはグルコサミンだけでなく
コンドロイチンなどのムコ多糖類を豊富に含んでいます。

 

しかし、グルコサミンは食品には
微量しか含まれていないため、十分な量を摂取することはできません。

 

 

食品で1日に必要な摂取量の約1500mgを摂るならば、
大量に食べなければならず、実際に食べれたとしても栄養過多になります。

 

 

◆グルコサミンをサプリメントで摂取する方法

 

サプリメントでの摂取方法の方は
食事からの摂取とは違い、体や食費の負担を減らすことができ、
なおかつ、一定量を摂取できるので効率的です。

 

また、グルコサミンは単体で摂取するよりも
コンドロイチンと併せて摂取したほうが効果的です。

 

グルコサミンとコンドロイチンの摂取比率は、
グルコサミンとコンドロイチンを5対4の比率で
同時に摂取することが理想的です。

 

グルコサミンの1日の摂取量が1500mgだとすれば、
コンドロイチンは1200mg摂取するればよいのです。

 

この比率で摂取すると関節痛の改善に効果的です。

 

また、1日分の摂取量を数回に分けて摂取したほうが、
常に成分が供給され続けているため、吸収効率も高めることができます。

 

ちなみに、サプリメントでも
錠剤タイプやカプセルタイプ、ドリンクと様々ですが、
グルコサミンの純度が高い製品を選びましょう。

 

また、グルコサミンは薬品ではないので、
すぐには効果や効能はでません。

 

そのため、最低でも半年〜1年は続けましょう。