グルコサミンってなんなの

グルコサミンとは

グルコサミンとは、グルタミンというアミノ酸とブドウ糖からなるアミノ糖の一種です。

 

 

グルコサミンは、もともと体内で生成されています。

 

 

そして、グルコサミンは、体内で分解され、
ヒアルロン酸やコンドロイチンの原料となります。

 

 

ヒアルロン酸やコンドロイチンは、
軟骨や爪、じん帯などを材料となる、
ムコ多糖・糖タンパク質・糖脂質を構成する物質です。

 

 

最近では、グルコサミンを定期的に摂取することで、
変形性関節症や関節炎の予防と改善に効果があるとされています。

 

 

現在サプリメントなどにも配合されているグルコサミンは、
分子の中に塩酸基があるグルコサミン塩酸塩と、
硫酸基があるグルコサミン硫酸塩が使われています。

 

 

国産のサプリメントでは、グルコサミン塩酸塩が、
欧米のサプリメントではグルコサミン硫酸塩が主流です。

 

 

グルコサミンのサプリメントの原料は、主にカニやエビなどの
甲殻類の外皮に含まれているキチンを加水分解して得られる成分です。

 

 

一般的な食材では、
山芋やオクラのネバネバ成分に含まれています。

 

 

加齢とともに必要になる成分なので
サプリメントや食材からも積極的に摂取したい成分です。

 

 

また、グルコサミンの体内の生成力は、加齢によって衰えてきます。

 

 

すると、栄養不足となった軟骨は弾力性がなくなり、
体重や重力の関節への衝撃を吸収できなくなります。

 

 

そうなると、軟骨が、少しずつ減り始めます。

 

 

軟骨がすり減ってしまうと、
骨が変形したり、力の抜けや違和感、痛みを感じたりします。

 

 

中でも、グルコサミンは、
関節における軟骨細胞の新陳代謝に深く関わっており、
関節の健康と機能維持に欠かせない成分です。

 

 

グルコサミンは関節を構成する重要な成分で、
グリコサミノグリカンやプロテオグリカン等の
関節構成因子はグルコサミンがなければ作られません。

 

 

グルコサミンを補給することによって
軟骨の滑りをよくし、痛みや腫れを軽減し、
軟骨を修復し再生を促すという効果があります。

 

 

また、軟骨の分解を防いだり、
軟骨に生じている炎症を抑える作用もあります。

 

 

また、グルコサミンは、
ヒアルロン酸やコンドロイチンの原料であるため、
アンチエイジング成分として美容にもいいようです。

 

 

グルコサミンは食品には少ししか含まれていないため、
食べ物からだけでは十分な量を摂取することが困難ですから、
サプリメントで摂取することをオススメします。

 

 

また、グルコサミンは単独で摂取するよりも
コンドロイチンやコラーゲンなどと一緒に摂取した方が相乗効果が得られます。