グルコサミンにMSMは必須

グルコサミンとMSM

グルコサミンと、MSMの併用は相乗効果を期待できます。

 

 

グルコサミンはエビやカニなどの甲殻類から抽出される成分で、
アミノ酸のグルタミンがブドウ糖が結合したものです。

 

 

MSMは、正式名称をメチルスルフォニルメタンといい、
骨や皮膚、コラーゲンを健康に保つ働きがあり、
体の組織をつくることに欠かせない成分です。

 

 

最近では、関節痛や筋肉痛をやわらげたり、
炎症を抑える効果が期待されています。

 

 

MSMは質量の約34%がイオウ元素で構成された成分で、
あらゆる生物に存在しているイオウ成分を含んだ物質です。

 

 

イオウは人間の体内のたんぱく質に含まれるミネラルで、
皮膚、髪、爪の形成、糖質や脂質の代謝を促進する働きがあります

 

 

MSMの効果・効能は、関節炎の改善、腱炎の改善、
筋肉のけいれん、腰痛の改善、関節リウマチの緩和、アレルギー症状の緩和、
インスリン抵抗性の改善、炭水化物の代謝改善、傷の治癒速度向上、
毛髪および爪の強化、コラーゲン合成向上、間質性膀胱炎の改善など様々です。

 

 

また、MSMには、グルコサミンや
コンドロイチン、コラーゲンといった軟骨成分を
軟骨に吸収させやすくする働きがあります。

 

 

直接の軟骨の構成成分ではないのですが、
軟骨の維持や修復において重要な役割を持っています。

 

 

そのため、グルコサミンとMSMを
あわせて摂取することで相乗効果が期待できます。

 

 

MSMは新鮮な果物、野菜、牛乳、穀物などに含まれていますが、
非常に少量のため、サプリメント等で補うことをオススメします。

 

 

また、グルコサミンやコンドロイチンとの相乗効果あるので、
MSMがしっかりと配合されたサプリを選ぶましょう。

 

 

関節の痛み緩和を目的とする
MSMの1日の摂取量は、1日あたり500〜1,000mgほどです。

 

 

また、MSMは副作用の報告はありませんが、
人によっては下痢や軟便、軽い頭痛が出る方もいます。

 

 

また、妊娠中や授乳中方は、
医師に相談するか、使用は控えるようにしましょう。