グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンコンドロイチンの併用は、さらなる相乗効果を期待できます。

 

 

グルコサミンとコンドロイチンは、似ているようで違う成分です。

 

 

実際、摂取している方でさえ、
グルコサミンとコンドロイチンの違いは曖昧だそうです。

 

 

コンドロイチンの正式名称は、コンドロイチン硫酸といいます。

 

 

コンドロイチンはサメの軟骨や牛の気管などから抽出される成分で、
関節の軟骨部分に多く含まれています。

 

 

コンドロイチンとはムコ多糖類の一種で、
皮膚や粘膜、眼球、軟骨など体内のさまざまなところに存在している成分です。

 

 

コンドロイチンは、グルコサミンから作られ、
軟骨を構成するプロテオグリカンの中に含まれています。

 

 

軟骨の乾燥重量のうち、
約30%をコンドロイチンが占めているほど軟骨にとっては重要な成分です。

 

 

コンドロイチンは、加齢とともに生成量が少なくなり、
軟骨がすり減ってしまい、関節痛や関節炎の原因となります。

 

 

また、コンドロイチンが減ってしまうと
眼球の衰えも進行し、老眼の原因となってしまいます

 

 

グルコサミンとコンドロイチンは、
成分自体は違いますが、どちらも軟骨の構成因子です。

 

 

コンドロイチンが軟骨部分に多くあると、
軟骨にたくさんの水分を蓄えることができ、軟骨のクッション性を高めます。

 

 

そして、軟骨の水分が蓄えられると、
グルコサミンから作り出されるグリコサミノグリカンや
プロテオグリカンの軟骨への取り込みの効率が高まります。

 

 

また、コンドロイチンは軟骨を構成する重要な成分で、
軟骨の再生を邪魔する酵素を遮断したり、軟骨の分解を遅らせたり、
軟骨が再生する時間を稼いでくれる成分です。

 

 

軟骨構成因子の取り込みの向上や
軟骨の分解が抑制されると、軟骨の再生自体の効率が上がります。

 

 

そのうえ、関節痛や関節炎において、グルコサミン単体で摂取するよりも、
コンドロイチンを併用したほうが、重い関節痛を緩和する効果があります。

 

 

このように、グルコサミンとコンドロイチンは、お互いの作用により、
併用することで単体で摂取するよりも、相乗効果が期待できます。